イムラアートギャラリー京都 imura art gallery Kyoto

ギャラリーのサイトへ
 

三瀬夏之介 個展
「golden silver」




2021.3.11 (木) 〜 4.10(土)

この度イムラアートギャラリーでは、三瀬夏之介の個展「golden silver」を開催いたします。ギャラリーでは7年ぶりの個展となる本展では、山形で制作を続ける作家の思考や制作プロセスそのものを京都で再現する形で、金と銀をイメージした新作を発表いたします。

2009年から東北芸術工科大学で教鞭をとる三瀬にとって、2011年3月11日に起きた東日本大震災は、学生の頃に体験した阪神大震災以降、再び未曾有の災害に直面した一人の作家として、美術の在り方を問い直すきっかけとなり、その後の活動にも大きな影響を与えました。震災からちょうど10年という節目の今年、三瀬は特別な意識はないものの、この日を無視するのも違和感だと話します。

一貫して日本画という枠組みを超えた制作を続けてきた三瀬ですが、近年は、旗のような形状の作品を様々な場所で発表しています。10年前の震災の最中、未来を描くための触媒として機能するような新しい日本の旗(絵)を探し求めていたのかもしれません。姿の見えないウィルスに戦々恐々としている現在、三瀬の立てる旗は私たちをどこに導いてくれるのでしょうか。

同時期に、京都市京セラ美術館にて開催中の「平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989–2019」にも大型の作品を出品しています。こちらもあわせてご高覧いただけますと幸いです。

京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 Tel:075-761-7372 休廊日:日・月曜日&祝日

同時代ギャラリー DOHJIDAI GALLERY of ART

ギャラリーのサイトへ

〈ギャラリー〉

 

amu design
写真教室 第21期生 卒業制作展
「魅せる ~gokan~」


2021.4.20(火)〜 4.25(日)

写真に託した私たちの感性を、余すことなく表現したい。
見るだけでなく、世界観も味わってほしい。
全ての感覚を使って写真と対峙したとき
もっと写真が好きになれるよう、
「五感」をテーマにした写真展を開催します。

京都市中京区三条御幸町南東角 1928ビル2階 Tel:075-256-6155 休廊日:月曜日

エンアーツ eN arts

ギャラリーのサイトへ
 

showcase #9
“visions in and out”
curated by minoru shimizu
岡本 明才 佐藤 華連


岡本明才


佐藤華連

2021.4.2(金)〜 4.30(金)
会期中 金・土・日 12:00-18:00

アポイントメント承ります

eN artsでは、清水 穣 キュレーションによります、写真に特化したグループ展 “showcase #9” を開催いたします。展覧会のタイトルが示す通り、現代若手写真家の「ショーケース」となるこの展覧会は2012年からスタートし、今回がシリーズ9回目となります。

本展のテーマは「visions in and out」です。視覚がとらえる光の像としてのビジョンをピンホールカメラという原点に立ち戻って制作を続ける岡本明才氏。レンズを通して見える風景に自身の内面が反映されることにより目の前にある風景が内なる風景に変化するという佐藤華連氏。両氏がそれぞれに表現する「visions」をお楽しみ下さい。


showcase #9 “visions in and out”

2012年に、才能ある新人を紹介する小企画展として始まった「showcase」も今年で9回を数えます(詳細はeN artsのHP内アーカイヴをご覧ください)。今回のテーマは「VISION」。そこには二つの意味が読み取れます。1つはいわゆる映像という意味でのヴィジョンです。もう一つは、ヴィジョナリーというときの意味、つまり客観的には存在しないが特定の人にだけ見えるヴィジョンです。前者は暗室の中で、後者は頭蓋の中で生まれるわけで、どちらも「ヴィジョン」を生産するためには「閉ざされた場」を必要としています。この「閉鎖性」や「遮断」は、「外」の「現実」とどのような関係を結び、そこからどのような「ヴィジョン」が生まれてくるのでしょうか。今回のshowcaseには、それぞれの意味で興味深い制作を続けている二人の作家を選びました。

岡本明才(おかもとめいさい1971年生)にとって、現実の世界が「映像」へ転じる最も基本的な原理としてのカメラ・オブスクラとピンホールカメラは、尽きることのないインスピレーションの源泉です。岡本は、そこに独自の技術的工夫を加えて、驚くほど多彩なヴィジョンを制作してきました。闇の中に浮かび上がる鮮やかな映像は、現実の像というよりは夢の中の像のようですが、最も基本的な原理によって出現している像としては、こちらのほうがより純粋な現実の映像であるとも言えます。それは見慣れた「写真」や「映画」に堕落する以前の、光が像と化したそのままの「ヴィジョン」です。 多くの人が誤解していますが、ピンホールカメラにはピントというものはありません。そのヴィジョンは、ピンホールを通過した光の点の集合体であり、点が小さければ画像は稠密になり、大きければ希薄になるのです。この原理は、ピクセルの原理に他ならないでしょう。最も原始的なカメラが、デジタル映像の原理に通じているのです。 数年前に「キヤノン写真新世紀」のポートフォリオ・レビューに参加した際に見せてもらった写真が、薄れることなく、私の記憶に焼き付いていました。

佐藤華連(さとうかれん1983年生)は、2010年「キヤノン写真新世紀」グランプリ受賞。showcaseの初回以来、久々の登場です。どこか不穏で寓意や比喩を秘めたイメージ群は、作家というフィルターを通過した現実の姿に他なりません。作家の二つのピンホール(両眼)を通過した光が、生身のカメラ・オブスクラ(頭蓋)の中に結んだ像なのです。

2021年4月 清水 穣

京都市東山区祇園北側627 円山公園内八坂神社北側 Tel:075-525-2355 開廊日:金・土・日曜日

ギャラリー16 galerie16

ギャラリーのサイトへ

◆状況により展覧会期・営業時間等に変更が生じる場合がありますので必ずご確認の上ご来廊下さい。

 

〈Discover Japan ?〉
庄司達・コピーによる作品1972


2021.4.6 (火) ~ 4.17(土)

庄司 達は、1960年代より布を素材とした造形作品やインスタレーションを展開してきました。「赤い布による空間シリーズ」や「CROTH BEHINDシリーズ」など、大きな布を天井から下がる無数の糸で吊るした作品や、布が裂ける限界ギリギリまで生地を引っ張った作品など、やわらかな布の持つ特性を生かした表現をしてきた美術作家として知られています。

1970年第10回日本国際美術展「人間と物質」に出品する際庄司は、コピーした新聞紙と52枚の新聞紙を展示し話題を呼びました。今回は1972年ギャラリー16での個展で展示していた「コピーによる作品」を展示します。市販の絵はがきを拡大白黒コピー写真に伸ばしパネルに張る、その上に朱色の線を描き加える、対象の形を部分的になぞったり、図柄に関係なく枠組みしたものなど直線や曲線の朱色の線が画面に加えられているのである。既存の絵はがきのよく見かける風景に朱色の線が入る事で見え方が変わってくる、それは既存のものの認識のしかたをどこかクールに打ち破っていたり裏切っていたり・・・49年たった今再認識してみてはどうでしょうか?

この展覧会は2020年4月14日から開催していましたが新型ウィルス感染拡大防止の為緊急事態宣言が発令され4月17日をもって終了となりました、それから約1年後作品を数枚入れ替えての再展示となります。

 

赤松加奈 展
「ここで描く」


2021.4.20 (火) ~ 5.1(土)

トラクターで土を耕したすぐ後ろから、鳥たちが付いて行って地面をつついている。
新しい1年が始まる。
くちばしに何匹もミミズをぶら下げたカラスが飛んでいく。
仕掛けた罠から、筒と同じ形になったもぐらが2匹もでてきた。
「こんな狭いところでかわいそうに」と私が言うと、夫が「埋めてくるわ」と言って畑の裏に向かった。

赤松加奈

京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 戸川ビル3階 Tel:075-751-9238 休廊日:月曜日

ギャラリーギャラリー GALLERYGALLERY

ギャラリーのサイトへ
 

小山 明 小林清美 展覧会
「星空に彷徨う」


2021.4.10 (土) 〜 4.25(日)

「40cmの視覚劇場 STELLOPTICON」は「シネマ・オブスキュラ」や「キノ・サイクルー非物質的たらい回し」など、人間の視覚の構造を考える作品シリーズのひとつであり、ここでは星と言葉を主題とした作品の制作をおこなった。
満点に広がる星のなかから、星と星との関係を感じ取り、意味や形を見出し、 「星座」を作り出したのは人間である。太古の時代や古代において、宇宙や世界を記述する壁画や絵画を描き、次第にそれを記号化し言語化したのも人間である。その言語によって構築された「本」は数百年単位の時空を超えてすら、 書く人間と読む人間をページの上に結びつけることができる。ケプラーは入れ子の構造を持った多重の 宇宙モデルを考えていたが、外部としての宇宙と私たちの現実の社会、そして私たちの内部の言葉の世界も、またひとつの多重の構造の中にあるように思われる。

クルト・ヴァイルの「ロスト・イン・ザ・スターズ」の歌詞のなかには、神が救い忘れてしまい彷徨う私たちの地球が描かれている。私たちは現実の社会にある様々な困難な状況の中でも、空の星と内部の言葉を頼りに、生きていく方向を見出して生きたいと願う。

京都市下京区河原町四条下ル東側 寿ビル5階 Tel:075-341-1501 休廊日:木曜日

ヴォイス・ギャラリー MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

ギャラリーのサイトへ
 

Monthly exhibition by selected works
April 2021
Yasunori Kinukawa special issue


衣川泰典
"my little stones"
2019-2020
映像/6:58


衣川泰典
"untiteled #21"
2002-2003
ミクスト・メディア
255×855×215mm / 356p


西村勇人
「宇度墓古墳1号陪塚(大阪府岬町)」
601×762mm
2020


坂本優子
「2021年3月3日(水)六甲山を超え、こわくてたのしい絵を観に行く」
100×148mm
紙にアクリル絵具、インク

2021.4.2(金)~4(日)、9(金)~11(日)、
16(金)~18(日)、23(金)~25(日)
金・土・日曜日・13〜19時
*平日は休廊

〈Room A〉
特集作家:衣川泰典「蒐集されたページ」

継続して制作してきたスクラップブックを起点に過去作などと、現在、積極的に取り組んでいる石版画作品とその周辺を展示します。

過去に制作されたスクラップブックには様々な蒐集されてきた印刷物が貼られ、ひとつひとつのページを針と糸で綴じ、本の形がつくられています。これらの本から多数の絵画作品も描いてきました。貼り付けられる物や、本の形は常に変化しながら継続的に制作しています。また、現在は日本で採集した石灰岩を扱った石版画作品を集中的に制作しています。採集した石を版材となるように加工し、採集した現地の風景を描いています。表現方法は大きく異なりますが、素材との接触から自身の中でイメージを反復・増幅を繰り返し、独自の方法で定着することにこだわってきました。 直接的な繋がりはみえにくいですが、作家の中にある必然的な動機と関係に着眼し、過去と現在の作品をそれぞれ選別した上で自身の仕事の再編集を試みる展覧会となればと思います。

衣川泰典

〈Room B〉
科学の現場を撮り続ける西村勇人は、各地で探し当てた、人の営みに溶け込んだり埋没した無名の「古墳」シリーズを展示します。
一ノ宮4号墳(群馬県富岡市)、宇度墓古墳1号陪塚(大阪府岬町)、飯田塚古墳(東京都狛江市) の3点をご紹介します。
細密なアクリル画を描く坂本優子は、社会が変化した1年を経て、日々を細やかにドローイングし始めました。 3月以降の7点を展示します。
その他の作家についても、作家の別の面を窺い知ることのできる小品等、ご紹介します。

京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1 Tel:075-341-0222 営業時間:11時~19時 休廊日:月・火曜日

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

ギャラリーのサイトへ

<Gallery A>

 

『Suujin Visual Reader 崇仁絵読本』
刊行記念展
作家:ジェン・ボー 森夕香


原画 森夕香
「Suujin Visual Reader 崇仁絵読本」
挿画(2021)

2021.4.17(土)〜 5.23(日)
5.3(月)開館、5.6(木)閉館

企画:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催:京都市立芸術大学

@KCUAでは毎年、国際的に活躍する海外作家の創造と実践に触れる機会として、展覧会や実践的なワークショップ、レクチャーなどを実施しています。2019年度の招聘作家の一人であるジェン・ボーは、大学移転という次なる大きな変化を受け入れようとする崇仁地域を舞台に、さまざまな専門を持つ人々とともに、より良き生態学的未来、全ての種の生物における平等をめぐるワークショップ「EcoFuturesSuujin」を実施しました。その記録や成果物は、個展「Dao is in Weeds(道在稊稗/道(タオ)は雑草に在り)」(2019年6–7月)にて、崇仁地域についての学びを深めるための空間「Suujin Study Room」として公開されました。

また、ジェンはこの展覧会の準備と並行して、自分が崇仁を知って魅了されたのと同じように、視覚的にこの街の魅力を伝えるための本を作り始めました。まず「Suujin Study Room」の中で、柳原銀行記念資料館からお借りした資料写真や京都市立芸術大学関係者やアーティストによる記録写真などで構成された草案が展示された後、より魅力的で、手に取る人が大切にしたくなるような本にするための編集作業が続きました。そしてこの春、1年半あまりの編集期間を経て、ついに『Suujin Visual Reader 崇仁絵読本』と名づけられた小さな本が完成しました。挿画は、ジェン・ボーの提言したワークショップの参加者であり、崇仁地域にあるアトリエで制作活動を行う美術家の森夕香によって描かれています。

刊行記念となる本展では、『Suujin Visual Reader 崇仁絵読本』原画、また森夕香が崇仁地域の植物をモチーフにした絵画作品などもあわせて展示します。大学移転の日が近づき、工事も始まろうとする現在、森がこの本の中に描いた小学校の校舎や街の風景のいくつかは既に失われています。この街と大学の未来が明るく、豊かなものとなるように。『Suujin Visual Reader 崇仁絵読本』が、その想いをつなぐ本となることを願っています。

京都市中京区油小路通御池押油小路町238番地の1 Tel:075-334-2204 休廊日:月曜日

MORI YU GALLERY 京都

ギャラリーのサイトへ
 

「常設展」


2021 1.16 (土) 〜 2.28(日)

*現在、アポイント制となっております。

京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19 Tel:075-950-5230 休廊日:月曜日・火曜日・祝日

ギャラリー ヒルゲート  Gallery Hillgate

ギャラリーのサイトへ
 

〈1・2F〉
野見山暁治 展
「描きつづけて100年」

2021.4.6 (火) ~ 4.18 (日)

 

〈1.2 F〉
伊庭新太郎 展(油彩・水彩)


2021.4.20 (火) ~ 4.25 (日)

ここ数年昆虫交尾姿勢に魅惑され、モザイク風な方法論で制作しているが、とどのつまりは、独創性と「イノチ」の表現であった。色彩や形態について、細細と言うこともあるが、所詮独創性や「イノチ」に帰してしまう。
まだまだこちらに命が有る限り、この不可思議な生命と云うものは、永遠なテーマであるでしょう。

伊庭新太郎

 

〈奥庭空間〉
「若林亮 彫刻展」(インスタレーション)


2021.2.9 (火) ~ 7.末日

京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町535番地 Tel:075-231-3702 休廊日:月曜日

京都芸術センター Kyoto Art Center

ギャラリーのサイトへ

<ギャラリー北・南

 

桐月沙樹・むらたちひろ 展覧会
「時を植えて」
(Co-program カテゴリーB採択企画)


桐月沙樹
《dimensions》2020
木版/和紙、345×345mm


むらたちひろ
《何処へ 02》2019
綿布・染料/染色、1800×1500mm

2021.4.17(土)〜 5.30(日)
休廊日:5.6(木)(予定)

染織と版画という手法によって創作を行う2人が、作品に関わる現象、行為と素材を見つめ直しながら、それらと作品との間に横たわる境界について探ることを試みます。

桐月沙樹による木版、むらたちひろによる染織には、「彫る」・「染める」という行為だけでなく、木という素材・染まるという現象そのものが生み出す時間・空間が含まれています。
樹木がもつ木目や染液の滲みは、桐月・むらたの手が介在することで、漂う水面や光のようなイメージを想起させたり、普段知覚できない 変化に意識を向ける 存在になります。二人にとって素材や現象は、それ自体が作品を生み出す大きな要素だといえるでしょう。

今回の展覧会では、それぞれの新作に加え、木という素材・染まるという現象を前景化するインスタレーションに取り組みます。


版木の「木目」を既存のレイヤーととらえ、木版による絵の可能性を探究しています。「時を植えて」では、今冬に出会った虫食い丸太や香節丸太、時を経た版木などを、found/re foundしながら、つくるという営みを点線で繋ぎ循環させることを試みます。

桐月沙樹

染織が内包する時間や、曖昧な境界の在り方に対峙し、染めによる表現を続けています。ゆっくりと分離しながら浸透する色、一瞬にして隅々まで行き渡る色の様相に注視し、今回の制作に取り組みます。

むらたちひろ

■パフォーマンス
むらたちひろによる染めのパフォーマンスを行います。
日時:4.17(土)10:30〜 / 15:00〜
会場:京都芸術センター ギャラリー北
料金:無料(予約不要)

■アーティストトーク
日時:5.23(日)14:00~
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2(3F)
登壇:桐月沙樹、むらたちひろ、
   渡辺亜由美(滋賀県立美術館 学芸員)
料金:無料(要事前予約。HPよりお申込ください

京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 Tel:075-213-1000

ギャラリー知

ギャラリーのサイトへ

緊急事態宣言発出に伴い、しばらくオンラインのみでの営業とさせていただきます。
GALLERY TOMO ONLINE STORE

京都市中京区寺町通丸太町東入る南側下御霊前町633 青山ビル1F Tel:075-585-4160 休廊日:月曜日

KUNST ARZT

ギャラリーのサイトへ

■新型コロナウイルス感染対策を行った上で、展覧会を開催しております。

 

本田莉子 個展
「名もなき祝祭」


「名もなき祝祭」
2020年
パフォーマンス

2021.4.13(火)〜 4.18(日)

KUNST ARZTでは、本田莉子の初個展を開催します。
本田莉子は、古来からの人と布との関りをベースに、 スピリチュアルな場を生み出すアーティストです。
卒業制作作品でもある「儀式のように織る-大漁旗 3.11-」は、 地元福島の被災地で使われていた大漁旗を裂き、 アトランダムに並べ替え、“巨大な合掌”のような形に 縫製したインスタレーションです。
本展は、今年2月に東京都美術館で行う、 鉄製の1m60㎝もある大きな針と糸を用いた パフォーマンスから展開した展示の構想です。
ご注目ください。

KUNST ARZT 岡本光博

〈アーティスト・ステートメント〉

見えないものを信じることは、 生き抜くための智恵でもある。
その智恵を、人が手で「もの」を作ってきた歴史を辿り採集することと、 現代を生きる智恵として新たに「もの」をつくることの両輪を以って、私自身の制作とする。

本田莉子

 

「美術ヴァギナ」


荒川朋子


岡本光博


宮川ひかる


山里奈津実


ろくでなし子

2021.4.23(金)〜 5.9(日)

荒川朋子
岡本光博
宮川ひかる
山里奈津実
ろくでなし子

KUNST ARZTでは、 VvK(アーティスト・キュレーション) 展覧会の29回目として、 岡本光博キュレーションによる 「美術ヴァギナ/Bijyutsu VAGINA」展を開催します。
男性器をテーマにした展覧会「美術ペニス」の 対となる「美術ヴァギナ」を開催します。
「ワイセツと表現の線引きもなされないまま、 年々高まる性表現に対する規制/自主規制は 何をもたらすのでしょうか?」という2013年 「美術ペニス」展の危機感は、 SNS時代特有の相互監視社会の影響もあり、 さらに倍になったように思えます。
2020年7月に最高裁の判決を通して 「女性器=ワイセツ」というレベルであることを 暴いてみせたろくでなし子の【問題】の新作、 アニミズム的、スピリチュアル的な感性で 毛を用いた彫刻の荒川朋子、 受精の瞬間の発光現象を金を用いて表現、 探究し続ける山里奈津実、 サンバダンサーの陰毛処理の為という ブラジリアンワックスの原点を アートに開花させようとする宮川ひかる、 隠語遊びや隠蔽されてきた女性器の表象を扱う 企画者の岡本光博の5名による展覧会です。
男根や夫婦岩を祀り、 陰陽石を嗜んできた文化的感性を わずかでも覚醒させることができれば幸いです。

KUNST ARZT 岡本光博


*宮川ひかる workshop
VIOワックスフラワー
4.23(金)& 24(土)予約制6人限定

京都市東山区夷町155-7 2F Tel:090-9697-3786 休廊日:月曜日

ギャラリー モーニング  gallery morning kyoto

ギャラリーのサイトへ
 

廣田美乃 展
「近未来」


2021.4.10(土)〜 4.25(日)

近い未来はすこし、懐かしい。

 

「FLOWER」


2021.5.1(土)〜 5.16(日)

上村亮太 栗田咲子 髙木智子 中川雅文 山本亜由夢

季節に限らず
花に限らず
人に限らず
色づいたり
時には
色をなくしたり。

言葉に表現するには
ささいな
けれど
とどめたいときを。

京都市東山区中之町207 (三条通白川橋東入四丁目、三条通岡崎広道西南角)
TEL:075-771-1213 休廊日・月曜日

ギャラリー恵風  Gallery Keifu

ギャラリーのサイトへ
 

〈1・2 F〉
黒田克正
Paintings & Drawings 展


2021.4.15(木)~ 4.25(日)

僕にとって制作(Painting)と素描(Drawing)は一体のものであり一括りに絵画する行為の枠内にある。
それらは相互に介入し合い、「より自由でありたい・赤裸々でありたい」と、僕の欲求を多様化し拡大してきた。
素描は僕の表現の起爆剤であり、イメージ覚醒のきっかけとなり続けた。時に制作での原点回帰を促した。
この展覧会では、画廊の二つの空間に制作と素描を対峙させ、僕の絵画のエレメントを提示する意図のもとに、グラフィックデザイナーの今井隆雄氏の冷徹な眼とセンシティブな感性に展示・構成を委ねることにした。

黒田克正

京都市左京区聖護院山王町21-3 TEL:075-771-1011 休廊日:月曜日

2kw gallery

ギャラリーのサイトへ
 

松田啓佑
「満杯の状態」


2021.4.3 (土) 〜 4.25(日)

滋賀県大津市音羽台3-29-1 TEL:090-5241-8096 休廊日:月・火・水曜日

Gallery G-77

ギャラリーのサイトへ
 

芦川雄二 展
「Reintroducing the Female Image」


2021.3.23 (火) 〜 3.27(土)
労働時間:14:30ー19:00

「Reintroducing the Female Image〜女性像の再生〜」は、東京を拠点とするアーティスト芦川雄二による京都で初めての個展です。女性のイメージを鮮やかに、そして情緒豊かに伝える芦川の作品を間近に見ることができます。官能的な芦川の世界は、豊かな色彩とエモーショナルな雰囲気を伝える鋭敏な表現で、観る者を魅了します。

アンドレイ・ミハイロフ

京都市中京区中之町73-3 Tel:090-9419-2326 休廊日:月・火曜日