◆展覧会についての最新情報は、各ギャラリーのサイトでご確認ください。

イムラアートギャラリー京都 imura art gallery Kyoto

ギャラリーのサイトへ
 

伊庭靖子 展


伊庭靖子《 Untitled 2022-07 》
Oil painting, 145.5×145.5cm, 2022

2022.12.2 (金) ~ 12.23 (金)

この度、イムラアートギャラリーでは約13年ぶりとなる伊庭靖子の個展を開催いたします。

伊庭は、1990年代半ばから油彩画に取り組み始めて以来、艶やかな器や素材感のある寝具など、 わたしたちの日常に存在するモチーフを描き続けてきました。伊庭の作品は、作家自身が撮影した写真にもとにして生み出されています。とはいえ、それらは、カメラレンズを通して捉えた世界の写実的な再現にとどまらず、被写体を包み込む光や空気といった、感覚的な「質感」が描き出されています。そのため、作品の画面には、写真が持つ透明感や軽快さとともに、モチーフそのものが有する美しい色彩や、それらを照らす繊細な光が柔らかく溶け合っています。

これまで静物モチーフを主に描いてきた伊庭ですが、近年において、モチーフに対する関心は、次第に風景や空間へと向かうようになりました。本展では、風景を描いた新作を含む、約5点の作品をご紹介いたします。

光と色彩が調和する伊庭独自の絵画空間を、是非会場でご高覧ください。

京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31 Tel:075-761-7372 休廊日:日・月曜日&祝日

同時代ギャラリー DOHJIDAI GALLERY of ART

ギャラリーのサイトへ

〈ギャラリー〉

 

『うたう!役者100人展!!』
project by gekichap


2023.1.31(火)〜 2.5(日)

京都市中京区三条御幸町南東角 1928ビル2階 Tel:075-256-6155 休廊日:月曜日

エンアーツ eN arts

ギャラリーのサイトへ
 

UNITED
池谷保 関口正浩 西太志
風能奈々 松田啓佑


池谷 保
untitled
840 x 710 mm
キャンバスに油彩
2022


西 太志
Head Series -Behind The Eyes-
195 x 155 x 145 mm
陶土、磁土、羊毛、釉薬
2022


風能奈々
鳥が三日月に見えた日
530 x 410 mm
パネルにアクリル
2022
Courtesy of Tomio Koyama Gallery


松田啓佑
untitled
242 x 334 mm
紙にアクリル
2022


関口正浩

2023.1.20(金)〜 2.19(日)
会期中の金・土・日 12:00-18:00

アポイントメント 承ります
御協力:小山登美夫ギャラリー

eN artsの2023年は 池谷保・関口正浩・西太志・風能奈々・松田啓佑によるグループ展覧会「UNITED」で幕明けです。「団結した、協力した、まとまった、一致した、結束した」という意味をもつ “united” をタイトルとして展覧会を開催するのは本展が三度目。ひとつの目的のもと作家たちが結束し協力しあい、皆の作品群が共鳴し、互いを高めあう展覧会・・・それが eN artsの 「UNITED」です。

今回の「UNITED」はかねてより「いつか一緒に発表したい」と願っていた5名の作家達がその想いを胸に集結する アーティスト主導の表現の場 として開催いたします。(出展作家の経歴や過去の展覧会情報はeN arts ホームページ に掲載しております各作家のCVをご参照下さい。) 皆様の御来廊を心よりお待ち申し上げております。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

eN arts


絵を描く行為が始めと終わりをつなぐ線上の時間から離れるために、立体的な時間の中に点を打つような感覚で描けたらと思っています。

池谷 保


虚構と現実の境界や匿名性をテーマに、木炭によるドローイングから発展した絵画と、黒い陶土による陶作品や衣類に泥を塗り込み、焼成した立体作品を制作している。近作では匿名性を象徴する覆面とその下に隠れた素顔が同化していくシリーズにも取り組んでいる。

西 太志


世界が美しいということを気づかせてくれるような絵を描きたいと思うようになりました。

今までは自分の底にあるものを自分の奥の奥にと潜っていって、やっと手にして戻ってきて、なんだこれはと眺めるという作業を続けてきましたが、最近は庭に出たりスープを煮込んだり、息子と過ごしたりする中で、 探さなくてもただそこにあるものが、悲しくて嬉しくて、暮らしていくことと絵を描くことがいつの間にか緩やかにつながってきたような気がします。

生きていくことは大変だし素晴らしいし、死ぬことも楽しみだし、息子がちょっと前までいたところ、父や友人がいまいるところ。
芸術も暮らしも隅々までよく味わえたらなと思う日々です。

今回の作品はここ数年取り組んでいる熱ペンで分厚く層状に塗った絵の具を溶かしながら引っ掻いてゆくことで絵が掘り出され、また塗りつぶされていくことで隠されていくことの繰り返しを経て出来上がります。
地層のように積み重なっていく絵の具はそれぞれの異なる層が隠されながらも透ける図像や盛り上がるマチエールによって関係しあっています。

風能奈々


最近陶芸で立体作品を作るようになって、これまで私が意識していた、絵を描く行為の痕跡(筆致など)を表現と一致させることは、立体でもできることに気がつきました。

今回の展示では画面と向き合い絵の世界を作り上げることを意識して制作しています。

松田啓佑

京都市東山区祇園北側627 円山公園内八坂神社北側 Tel:075-525-2355 開廊日:金・土・日曜日

ギャラリー16 galerie16

ギャラリーのサイトへ
 

汲田裕子 展
種子ト幾何


2023.2.7 (火) ~ 2.12 (日)

種子ト幾何

種子ハ幾何ノ中ニ
記憶
遺伝情報
歴史
物語
ソシテ未来ヲ
内包スル

 

小林 椋 展
「スゥと数えるように湿っぽい佇まいは、
スゥと巻かれる音として砕ける前に、
スゥと囲いまで敷きつめているようで」


2023.2.14 (火) ~ 3.4 (土)

馬のように立ち昇る傾斜は、上手く曲がることができる。そうやって2002年のQuicktimeは窓ごしの貫通路を引きのばしてきた。もう道草のコーデックはドタバタと開店した足踏みに「おしまい」が訪れるのを待っている。2時間の音ズレはやってきては転回する静電気に張り付いて、筒状に収まるしかないみたいだっだ。「もう一度を無限にくり返す取り決めは来週には打ち切りです」そう言ってランナーは硬直した継ぎ目を湯につける。ほらね。やっぱりね。そうね。

 

▶︎▶︎▶︎オンライントークイベント

日時:2023.2.18(土)19:00〜
出演:中原浩大(美術作家)× 小林 椋
オンラインURL

京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394 戸川ビル3階 Tel:075-751-9238 休廊日:月曜日

ヴォイス・ギャラリー MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

ギャラリーのサイトへ
 

Monthly exhibition
by selected works
January 2023
牧野和馬 新作特別公開



「雪の色(color of snow)」
京都・五条にて撮影
2023年
三椏和紙にプリント
700×1850mm×2点(二曲一双 屏風)
屏風監修:伊部工房
プリント協力:アワガミファクトリー

2023.1.21(土)・22(日)・27(金)・28(土)
2.5(日)・17(金)・18(土)・19(日)
*公開日の開廊時間は、13~19時です。

牧野和馬は、京都生まれ・在住の写真作家。
五条にて撮影した、日中の白い空に舞う雪と、漆黒の夜空に舞う雪の写真です。
それぞれを作家自らが風炉先サイズの屏風2点に仕立てました。
・屏風製作監修:伊部京子(和紙造形作家/伊部工房)
・プリント協力:アワガミファクトリー
他に;
トカラ列島口之島の海のシリーズ「海の色 - color of see- 」小品1点
京都市街のさまざまな壁を撮影した写真集「Kyoto-Wall 」(2019年/協力:株式会社ニコンイメージングジャパン/印刷・製本:日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社)

◎レギュラー展示コーナー
Yasmin Sison、Mariano Ching、坂本優子、松井智惠、宮北裕美、鈴木昭男、中村敦、唐仁原希、酒井一貴、西村勇人、上野友幸、横谷奈歩、井口真理子、近藤千晶の平面作品。
*1月22日より、川尻潤の作品(陶・茶碗)を追加展示いたします。

京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1 Tel:075-341-0222 営業時間:11時~19時 休廊日:月・火曜日

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

ギャラリーのサイトへ

<@KCUA 1,2>

 

KCUA EXHIBITIONS
フェムケ・ヘレフラーフェン
「Corrupted Air|腐敗した空気」


Femke Herregraven,
Corrupted Air – Act VI,
Installation view of Taipei Biennial 2020,
Courtesy of the artist and Taipei Fine Arts Museum

2023.1.28(土)〜 3.21(火)

企画:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
主催:京都市立芸術大学
助成:公益財団法人 花王芸術・科学財団、芸術文化振興基金
後援:オランダ王国大使館

──生ある者は二度しか死ねない。 一度目は呼吸が止まったとき、二度目は誰かに最後に名前を呼ばれたとき。

フェムケ・ヘレフラーフェン(1982年ナイメーヘン(オランダ)生まれ、アムステルダム在住)は、現代の金融技術やインフラに関する抽象的なデータから、それらが持つ意味や生態学的影響などについて検証し、ジャンル横断的で多様な表現方法を用いて独自のイメージを生み出す気鋭のアーティストです。

本展は、国際的に高く評価された《Corrupted Air—Act VI(腐敗した空気——第6幕)》(2019)を中心に、彼女の活動を日本で初めて紹介する貴重な機会となります。同作品は、大災害に投機する金融商品であるカタストロフィ・ボンド*(大災害債/CATボンド)についての調査研究から過去の生態系の大惨事を証言し、すでに絶滅してしまった生物のデジタルモデルの3体が、人間によって引き起こされようとしている「6度目の大絶滅」について議論するという演劇的なインスタレーションです。パンデミック以前に作られた作品ではありますが、目に見えない空気中のウイルスに怯えながら日々を過ごす「コロナ禍」を経験し、未だその呪縛から解放されていない私たちにとって、この「Corrupted Air(腐敗した空気)」というタイトルは、さらなる問いを投げかけているかのように感じられます。また、バッテリー素材のリチウムの高騰を出発点として、技術産業の原材料、金融投機、エネルギーにまつわる幅広い問題を探求するアーティスト・ラン・プロジェクト「On-Trade-Off」の一環で制作された《A Prelude to: When The Dust Unsettles(予兆:さめやらぬほとぼり)》(2022–23)や、現在進行中のプロジェクトの構想資料などもあわせて紹介します。

京都市中京区油小路通御池押油小路町238番地の1 Tel:075-334-2204 休廊日:月曜日

MORI YU GALLERY 京都

ギャラリーのサイトへ
 

松田幹也
「Slow Comfortable Screw」




2023.2.4(土)- 2.26(日)
opening reception: 2.4(土) 16:00-18:00

松田幹也は 1972 年に渡米し、2017 年に日本へ帰国するまでの 40 数年間ニューヨークに在住し、作品を制作してきた。
1981 年、松田はニューヨークの路上で、盤面に細かいグリッドが描かれた 6 フィート(1m80cm)四方の板を置き、アクリルの箱いっぱいに詰め込まれた screw(螺子)を板の端から一本ずつマイナスドライバーで捩じ込んでいた。一本終わってはまた一本と、均等な間隔で捩じ込むその数は、数万本。もちろん1日では終わらず、また次の日、またその次の日と 15 日間にわたるそのパフォーマンスはついに全てのscrew を捩じ込み終える。
彼のこうした行為は、グルージェフという思想家の「私たち一人一人の中に何百もの〈私〉が存在するのである」という文章から着想を得たという。「I」、すなわち「私」=「自分という存在」とはなんなのだろう、と。自問自答していく中で、ドライバーでマイナス screw を家で回していた時に、松田は screw に刻まれた「マイナス」がふと「I」にみえた。ニューヨークという巨大な都市で、ひとり日本人として働きながら、松田自身も日々成長しつつ、悩み、もがきながら自らの思考や意識が変化する様を、360°回転し変化していく「マイナス」screw の形象「I」になぞらえ、自分自身の内面を吐露するように、路上でパフォーマンスをおこなったのだろう。
松田は視覚的なものを文字として捉える場合もあれば、言葉の裏にある意味をこっそりと作品に忍ばせることもある。言葉遊びから発展させた作品群には、本を使った作品も多い。例えば今回のタイトルである「Slow Comfortable Screw」は、「Slow Comfortable ScrewAgainst a Wall 」というカクテルからとられている。このカクテル名にはセクシャルな意味合いが隠されている。ただ松田はそこに関して多くは語らない。仄めかす程度である。我々もここでは作家に倣ってあまり多くは書かない。その解釈は、鑑賞者に委ねたい。
彼の作品は、ひたむきで淡々とした態度に支えられながら、思索的でウイットに富んでおり、またその実、裏側には多くの言葉遊びとともに連鎖していく意味の連なりが存在している。

今回は、松田幹也の日本での初個展である。上記の screw5000 本を板に固定した作品や、同様にその screw をキャンバスに数万本以上ドローイングした作品、本のある特定の言葉だけを浮き立たせるように、一文字だけが覗き穴のように強調された作品など約数十点を展示する。

京都市左京区聖護院蓮華蔵町4-19 Tel:075-950-5230 休廊日:月曜日・火曜日・祝日

ギャラリー ヒルゲート  Gallery Hillgate

ギャラリーのサイトへ
 

〈1・2 F〉
いま「平和のために」ひたすら
『非戦』を願う美術家たちの作品展 2023
(平面・立体) (堺町画廊と同時開催)

2023.2.7 (火) ~ 2.12 (日)

2013年、特定秘密保護法の強行採決以来、この国で戦争の道へ踏み出す動きがひときわ慌ただしくなり、不安にかられた美術家たちは、それぞれの作品をかかげて、毎月9日夕暮れの京都河原町の街角に、ただ立ちはじめました。
この「無言の路上展」に賛同する美術家たちの広がりは、やがて「戦争の兆しに心いたむ美術家たちの作品展」の開催へ。多くの作品を通して非戦の意志を表明する展覧会が回を重ねてきました。
この間、2022年2月24日にはじまったロシア軍のウクライナ侵攻で多くの人々が戦禍に追われ、伝えられる殺りくと破壊の映像に、私たちは21世紀の国際社会が安全や安定からほど遠いことをいたましく思い知りました。
こうした状況をとらえて、長くこの国の人と暮らしを守ってきた日本国憲法の「非戦・平和」の志を歪め、「非核三原則」を覆そうとする動きが勢いを増しています。
だからいま、私たちはあらためて「平和」のために『非戦』の願いを集め、ここに作品展を開催いたします。ご高覧下さい。

 

〈奥庭空間〉
江藤佳央琉 石彫 自選展

2023.1.10(火) ~ 6.25 (日)

過去から未来へ・・・
 失望から希望へ・・・
  現世から来世へ・・・
何処から何処へ・・・

京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町535番地 Tel:075-231-3702 休廊日:月曜日

京都芸術センター Kyoto Art Center

ギャラリーのサイトへ

<ギャラリー北・南>

 

井上亜美
「The Garden」


2023.1.7(土)〜 2.12(日)

人と生物がせめぎ合う「庭」という小さな世界へ
Co-program2022カテゴリーB採択企画

本企画は京都を拠点に活動するアーティスト、井上亜美による個展です。
井上はこれまで狩猟や養蜂を通して、人間と生物が生きる環境へと目を向けた制作活動をおこなってきました。本展では過去作品に加え、自身のアトリエの庭の細やかな観察から日々生まれてきた新作を展示します。


展覧会ステイトメント:

私が庭のアトリエに出ると、人間以外の複数の目線を感じる。

暖かい日、フジバカマの蜜を吸いにくる蝶。
どうして、ここに花があるとわかるのだろう。
虫取り網で捕まえて標本にしてみる。
鱗粉が手に付き、翅から光沢が消えてしまった。

私が美しいと感じたのは蝶だったのだろうか。
それとも鱗粉だけを見ていたのだろうか。
捕まえたようで、その正体はつかまえることができない。

日が暮れると一斉に鳴きはじめる虫たち。
私の作った昆虫標本は、夜の間に何者かに喰われている。
彼らのすがたを見たことはないのだけれど――気配を感じる。
掴めそうでつかめなかった、輪郭が浮かびあがってくる。

その感覚は、暗室での現像作業に少し似ている。
電気を消すと、はじめににおいを感じる。
部屋の外のかすかな虫の音が聴こえてくる。

じっとする。耳を澄ませる。情報を手放す。
ふと、そのすがたが目に映りこんでくる。

これまでの感覚から自由になるとき、
私は少しだけ虫や動物たちの世界に足を踏み入れる。

井上亜美

■ アーティストトーク

ゲストを迎え、井上が制作や作品について語ります。
日時:2023.1.8(日)14:00-16:00
会場:京都芸術センター 和室「明倫」
登壇者:井上亜美
ゲスト:山内朋樹(京都教育大学教員/庭師)
進行:中谷圭佑(京都芸術センター アートコーディネーター)
定員:30名(要事前予約)予約はこちら

■ ギャラリーツアー

実際に展示会場を回りながら各作品についてお話します。
日時:2023年1月28日(土)15:00-16:00
集合場所:京都芸術センター エントランス前
話し手:井上亜美
聞き手:中谷圭佑(京都芸術センター アートコーディネーター)
定員:15名(要事前予約)予約はこちら

京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2 Tel:075-213-1000

ギャラリー・パルク Gallery PARC

ギャラリーのサイトへ
 

朴 善化 個展
「伝える」


2023.1.27(金)〜 2.12(日)

朴善化(ぱく・そな)は、2000年に京都市立芸術大学美術研究科修士課程研究留学生として来日、2005年同美術研究科修士課程保存修復専攻修了、2009年同博士課程美術専攻(保存修復)領域修了、以後もおもに日本・韓国で仏教絵画の制作・保存修復に携わっています。

仏教の教義や思想・世界観を物語るとともに、信仰の場において人々が祈りや想いを捧げる対象としてあらわされた仏教絵画は、制作当時の貴重な素材や高度な技術が用いられて表現されています。しかし膠をはじめ、顔料や紙や布などの自然由来の材料の多くは、その物質的な性質から経年変化するものでもあります。そのことから、仏教絵画は託された祈りや想いを表すための技術のみならず、それらを永く未来に伝え・残すための保存・修復の技術とともに発展してきたともいえます。つまり、永い歴史の中で表現として深められた仏教絵画は、同時に高められてきた保存・修復の技術によって現在にまでその姿をとどめることで、今と往時の人々の想いを伝え・結ぶ役割をも果たしているといえます。

朴は韓国高麗時代から朝鮮時代に至る仏教絵画の模写に取り組むなかで、描画技法の研究だけではなく、和紙や藍などの素材、保存・修復の技術や社会で果たす役割などについて熱意を持って研究してきました。朴は、かつて描かれた線を筆で辿り、往時の材料や技術を知るなかで、描いた人やその表現だけではなく、絵や素材に託された多くの人の想いを受け取り、共有しようとしている自分に気付くようになったと言います。

2018年の個展『想い』、2020年の個展『結ぶ』に続き、およそ3年ぶりの開催となる本展『伝える』は、約3m×2mにおよぶ《廣徳寺『阿弥陀如来仏』現状模写》などの大型作品とともに、2018年以降に朴が制作したおよそ30点あまりの作品によって構成します。ここには2018年から始まった韓国全羅南道松廣寺「華嚴經變相圖(国宝314号)」の模写事業の指導・助言に当たることとなった朴が、コロナ禍により容易に往き来ができない中で現地のスタッフ達に模写技法や材料特性などを「伝える」ために制作したものも含まれます。

今も日本・韓国を往き来しながら、仏教絵画の模写・研究に取り組む朴は、自らの手を動かすことで、作品に託された想いに気付き、人や文化の結びつきを感じ、またそれを伝えることの難しさと意義を改めて感じたといいます。

本展展示作品からは、その卓越した技法や技術とともに、「人と人」が結び・伝えることの意義についても想いを馳せていただければ幸いです。

京都市上京区皀莢町287 堀川新文化ビルヂング2階   開廊時間:13時~19時 休廊日:水・木曜日 

GALLERY TOMO

ギャラリーのサイトへ
 

鳥彦 -JUGGLER-

2022.12.2 (金) ~ 12.17 (土)
13:00-18:00 金土日のみOPEN
※年内最終の展示となります。

メゾチント技法を用いて特徴あるモノクロームで鳥人の物語を描いている鳥彦。これまで培った技巧を活かし、黒の世界の住人の表情は更なる独創性を見せていく。
今回はエディションを切らず全てmono。技法こそメゾチントではあるものの、作品自体はオリジナル。作家自身がセレクトしたフレームと合わせて一点しかない珠玉の展開を見せる。
2022年の仕事が集約された版画絵画と呼べるシリーズ、この機会に是非ご覧下さい。


アーティスト・ステートメント

JUGGLER
ジャグラーとは奇術師、手品師を意味し、私の描くイメージの原型ともなっているタロットでは魔術師(The Magician)のカードにあたる。手業を使う者であり、その技術は創意工夫によって生み出される。そしてジャグラーはペテン師の意味も含んでいる。うわべと本質、嘘とまことを巧みにコントロールして、見せたいものを見せる。
ジャグラーは二つの対立する要素を自在に行き来する、それゆえにどちらにも属することはない。それは人間そのものでもある。自らの属性をさまざまに変えて、留まることはなく、何者にもなれないまま、やがて疲れていく。
ジャグラーには何かが必要だ。碇となるような何かが。

鳥彦

京都市中京区寺町通丸太町東入る南側下御霊前町633 青山ビル1F Tel:075-585-4160 休廊日:月・火曜日

KUNST ARZT

ギャラリーのサイトへ

■新型コロナウイルス感染対策を行った上で、展覧会を開催しております。

 

中桐聡美 個展
水を切って



2023.2.7(火)〜 2.12(日)

KUNST ARZT では、中桐聡美の個展を開催します。
中桐聡美は、傷つける、着色するといった行為を通して、 シルクスクリーンによる単一な海のイメージを変容させ、 「移ろい」を引き出すアーティストです。
作家にとって馴染み深い瀬戸内海の海のイメージを シルクスクリーンで刷った後、 カッターナイフで傷つけることで、 水しぶきのようにインクに染まっていない 内部の白い紙の層が立ち現われたり、 また一方ではインクを滲ませることで その水しぶきがおさまり、静寂さを取り戻したり、 あるいは強い風が吹きつけているような イメージにも見えます。
版画表現としても、水の表現としても 強いオリジナリティーを確立しています。

KUNST ARZT 岡本光博

<アーティストステートメント>

記憶や感情といった、明確な形がないものの 「移ろい」をテーマに制作を行っている。
人が抱く感情や記憶といったものは 刹那的でゆらぎのあるものだ。
以前抱いてた感情を再び正確に思い出すことは難しく、 形を変えてもなお残っていくものもあれば、 跡形もなく消えていくものもある。
同じものを同じように見ているようでも、 自分と他人が見ているものは全く別のものであり、 そこから感じる印象や感覚は日々異なるもので、 常に変化していると考えている。
シルクスクリーンで刷った写真イメージに、 カッターナイフで紙が切れないぎりぎりの 深さでドローイングを重ね、その傷に 水性インクを滲ませていく手法で 制作を行っている。
ドローイング によってできた傷に 水性インクを滲ませることで、 イメージが上書きされ、 新しいイメージが現れる同時に、 淀みのようにとどまるイメージもある。
私が行うドローイングは、元の写真イメー ジを 全て消し去るというわけではなく、 面影を残しながらも別のものに変化してしまう 「移ろい」である。

中桐聡美

 

ナカスジ ミナミ 個展
一瞬と永遠な存在



2023.2.14(火)〜 2.19(日)

KUNST ARZT では、初となる ナカスジミナミの個展を開催します。
ナカスジミナミは、紫色を自身と 重ね合わせて表現するアーティストです。
高校生の時、病気で紫色のアザが できた経験から、紫色の衣類を纏い、 マーキングするかのように 紫色の作品を展開してきました。
2021年の大学の卒業制作展では、 紫色の服をつなぎ合わせたパッチワークが、 作家自身だけではなく、 京都京セラ美術館の大きな壁面を覆う 作品「私は紫になり、ここが私になる」 を発表しました。ご注目ください。

KUNST ARZT 岡本光博

京都市東山区夷町155-7 2F Tel:090-9697-3786 休廊日:月曜日

ギャラリー恵風  Gallery Keifu

ギャラリーのサイトへ

*今後周囲の状況を鑑み、変更することもございますので、ご来場の際はホームページやFacebookでご確認くださいませ。

 

〈1F〉
北野 青空 展
熟れない星のままに


2023.2.14(火)~2.19(日)

はじめまして。北野 青空といいます。
私は日本画材を使い、主に風景を描いていますがその時感じた感情の起伏や思い出した事を落とし込み心象風景として描いています。
今回の個展に出品する作品は学生時代に描いたものと社会人になってから描いたものを交えています。
自身がどの様に変わっていっているのか、考え感じる機会としてとても楽しみです。(北野)

 

〈2F〉
第13回 贈りもの展


2023.2.14(火)~2.19(日)

今展は、30歳未満の若手アーティスト33名による贈りものをテーマにした作品展です。
13回目を迎える恒例のこの企画展は、初々しさの中にエネルギー溢れた作品が並び、毎年楽しみにしてご来場くださる方も増えました。ありがとうの気持ちを伝える作品、今年はどんな個性の力作が出品されるのか期待したいと思います。みなさまの温かいエールをお願い申し上げます。(野村)

 

〈1 F〉
三好 温人 日本画展
balloon


2023.2.21(火)~2.26(日)

あの時何かを言っていた気がする。

何かに怒っていたり
何かに悲しんでいたり、
何かを喜んでいたり
何かを楽しんでいたり
そんな時に発していた言葉を忘れてしまった。
言葉の無い情景と共に、漫画の中のような空っぽのふきだしが記憶の片隅に残っている。

自分は何を言っていただろう
あの人は何を言ってくれていただろう
ただその時の胸の痛みや温かみと、
思い出の品だけが記憶の断片を照らし出して
空っぽのふきだしに、都合の良い言葉を入れようとしてしまう。(三好)

 

〈2F〉
30×30の窓展
京都芸術大学 版画工房 -ポートフォリオ展-


2023.2.21(火)~2.26(日)

京都芸術大学 美術工芸学科の版表現の学生による「30×30の窓」展では、オリジナルの版画集の作品と、版画集に参加した学生のそれぞれの小作品を合わせて展示いたします。
版画集では、統一された30cm×30cmの正方形の紙の上にひとりひとりの想いを詰め、さまざまな技法で表現いたしました。
それぞれ版種もテーマも違う作家たちがどのような個性を光らせるのか、ぜひご高覧ください。(一同)

 

〈1 F〉
Malen für Linkshänder
石田 翔太 個展 「左手のための日本画」
―人造岩絵具における風土―


2023.2.28(火)~3.5(日)

2022年の夏にドイツで取り組んだ研修の成果を発表いたします。
今回は和辻哲郎の『風土』に頼りながら人造岩絵具の展開を示したいと思います。
ご高覧頂けますようお願い申し上げます。(石田)

 

〈2 F〉
日本画二人展
さかいめをさざなむ
細川 真耶 × 髙本 沙弥


2023.2.28(火)~3.5(日)

対象と空間。肉体と魂。具象と抽象。
その揺らぎや境界について、各々が捉えるものを表現しています。“さかいめ”は常に変わっていきます。
静かに、そしてさざなむように変化する情景を新たな視点で見つめ、絵具によって表現する。その行為によって鑑賞者にも何か揺さぶるものを感じていただけたらと思います。是非ご高覧下さい。(細川、髙本)

京都市左京区聖護院山王町21-3 TEL:075-771-1011 休廊日:月曜日

2kw gallery

ギャラリーのサイトへ
 

境界線をまたぐ
奈良田晃治


2022.12.8 (木) 〜 12.25(日)

境界線をまたぐ

描く対象について、(どうせ自分が考えることなどくだらないという思いもあり)普段あまり深く理由を付けることはなく、ピンときたものを感覚的に選択している。
だいたい後になって、この辺りが気になったのかな。とかいう言葉が出てくる。

最近のモチーフについて言葉にしてみる。
収穫されることなく伸びていく茶畑、山の上で枯れ露わになったハイマツの木、農村で行われる伝統的な儀式の火、古い写真の中の人々。

これらのイメージを前にする時、自分の世界には欠けている、地に足のついた生活や環境、自然や精霊との関わり、時に戦争の足音を感じたりする。平和な郊外に生きている自分の(狭い)世界と外側にある世界、その境界線上にある風景なのかもしれない。
世界を広げたい(広げなければいけない)と思い取材と称してそこまで行ってはみるものの、自分は境界線を越えることができず、いつも線をまたいでは振り返り、自分の世界を俯瞰し、外側の世界を眺めるだけだ。

なんだか後ろ向きな事になってしまった。 時間がたてばまた他の意味合いにも気づくのかもしれない。

奈良田晃治

滋賀県大津市音羽台3-29-1 TEL:090-5241-8096 休廊日:月・火・水曜日

Gallery G-77

ギャラリーのサイトへ
 

渡邉野子 個展
「Love Myself 」


野生の花の陳述 -雪の朝に-
2022年
油彩、アクリル、キャンバス
194.0x130.3cm

2022.12.4(日)〜 12.25(日)
開催時間:12:00 〜 19:00
月曜日~休み

渡邉野子の現在のコンセプトはフィジカルとデジタルが混在する世界で、絵画の新しい魅力をかたちづくることです。渡邉の抽象絵画における多様な線と魅惑的な色彩は、見る人自身のフィジカルを揺さぶるエネルギーを持ち、絵画空間が有機的であることを気づかせてくれます。
「アートは自分だけの美しいものと出会う奇跡を起こし、創造性を解き放ってくれる。抽象絵画がもたらす、わからないものや異質なものとの手探りの対話は、自分の人生を自分のものにすることにつながっている。絵画の前に立つことが、観る人にとっても、ありのままの自身を愛し、自身について話すことにつながることを期待して、描いている。(渡邉)」
普段あまりアートに触れることの無い方にも、ぜひご覧いただき、アートとの出会いを楽しんでいただければ幸いです。

 

展覧会「Beautiful World」 in 河村能舞台
文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業




日本の伝統芸能・能の舞台となる能楽堂を会場に、様々な分野から集結した12名の現代アーティストの作品展示やパフォーマンスを行います。
本アート展は、戦後日本の前衛芸術史において重要な現代美術家・水谷勇夫氏をはじめ、日本、ウクライナの現代アーティストの立体・絵画・インスタレーション・工藝・生花による3日限りの特別な展覧会です。
2020から続く抑制された日々に、新たな価値観「美しい世界」をダイナミックに表現します。

※期間中はアーティストによるライブペインティングやクリスマスイベントを開催。
2022年12月23日 「Music IS。 おんな 線」渡邉敬介/ライブペインティング  15:00-16:00
2022年12月24日 「変容する生け花」イリヤ・ビビコフ/パフォーマンス    15:00-16:00
2022年12月24日 「光に包まれて」來迦結子/クリスマスイベント      17:30-18:30

普段あまりアートに触れることの無い方にも、ぜひご覧いただき、アートとの出会いを楽しんでいただければ幸いです。

日時:2022年12月23日(金)〜25日(日)11:00-19:00
場所:河村能舞台(京都市上京区烏丸上立売上ル柳図子町320-14)
入場料:大人1,000円、学生500円
主催:任意団体 Gallery G77
問い合わせ:090−9419−2326

参加するアーティスト:有本健司、鵜飼つや子 瓦 蒐集家 、セルゲイ・マフノ(ウクライナ)、草月派京都イリヤ・バイビコフ、田中幹人、土田泰子、水谷イズル 、水谷勇夫 、山元ゆり子、來迦結子 、渡邉敬介 、渡邉野子

京都市中京区中之町73-3 Tel:090-9419-2326 休廊日:月・火曜日

現代美術 艸居

ギャラリーのサイトへ

<艸居>

 

三島喜美代 個展


三島喜美代、《Copy 16-1》
2016
印刷したセラミックに手彩色
H39.7xW28.7xD4cm 他14点

2023.2.2 (木) 〜 4.26 (水)

艸居(本店)では、三島喜美代の個展を開催いたします。艸居では、2017年に引き続き2度目の個展となります。60年代から大量に消費されるゴミや、溢れる情報 社会へ「恐怖心」を抱き、環境問題や社会現象に警笛を鳴らしてきた三島。具象絵画から始まり、抽象絵画、彫刻、エッチング、セラミック、大規模なインスタレーションと多種多様な媒体を駆使して、作家独自の表現方法を確立することに成功した初の作家といえるでしょう。そして「ゴミ」を割れるセラミックで制作した作家としては他に例を見ることがありません。本展では恐怖が押し寄せてくるような緊迫感あるセラミックのビラのインスタレーションを中心に、60 年代のペインティングから、実験的な彫刻、80 年代の貴重なセラミック、エッチング、最新作を展示いたします。

1932年に十三(大阪)で生まれた三島は、50年代より伊藤継郎のアトリエに通い絵画の制作を始めます。その後は三島茂司に師事し、新聞紙、雑誌、馬券、蚊帳など、印刷物や廃材を使用した実験的なコラージュ作品に取り組みました。本展では、その中でも資料的に貴重な絵画作品《Work E》を展示いたします。三島が日本の前衛美術において画家として頭角を表すことになった重要な作品の一つです。その後は絵画作品のみならず、廃棄された金属や木片などを組み合わせた実験的な彫刻を制作します。《Work 72-J》は、チキンワイヤーや木の枝、転写した紙などを組み合わせた、作家が試行錯誤しながらも新しい表現方法を見出していく原点となる作品です。

「ある日、作品を並べていたところ、どこからか猫が入ってきて、ガシャガシャーンと割っていきました。これや!と思いました。」―三島喜美代

60年代後半に、三島は「割れる印刷物」を発表します。それは、新聞紙、ビラ、コミックブックなどをシルクスクリーンで土に転写したゴミの作品です。情報化社会、大量消費社会への「恐怖心」を絵画で表現することに限界を感じていた三島は、落とすと粉々に砕けてしまうセラミックとの出会いにより、作家が抱えていた社会への危惧心をよりリアルに表現していきます。

1986-87年は、ロックフェラー財団の奨学金によりニューヨークに滞在し、アンディー・ウォーホール、ロイ・リキテンスタインなどその他多くのポップアートの作家たちと交流しました。交流はあったものの、三島は自身の作品はポップアートではないと言及しています。そこには、三島がどのグルーブにも所属せず、ひたすら自身の表現を追い求めてきた強い姿勢が窺えます。

三島は「ずっと続けていればいつか女性として認められる時代が来る」と、師でもあり伴侶でもあった茂司の言葉に支えられたと言います。本展では三島が絵画としてキャリアをスタートさせた 60 年代から最新作《Work 22-CS22》や《Box Post Box 22》までを展示し、三島が女性としてエネルギッシュに活動してきた軌跡を垣間見ることができます。是非この機会にご高覧いただけますと幸いです。

<艸居アネックス>

 

CAT - コラボレーティブ・アート・チーム
子ども主導による子どものための展覧会




2023.1.18 (水) 〜 2.23 (木)

(京都市中京区一之船入町375 SSSビル3階)

CAT(コラボレイティブ・アート・チーム)は、子どもたちがリーダーシップやチームワークをとりアートと関わるチームです。 新しい発見、コラボレーション、リサーチ、キュレーション、執筆、展示など、子どもが中心となって「アートとは何か」「コラボレーションとは何か」を探求します。アートという強力なツールを通じて、子どもたちが社会と繋がり、自分たち自らで未来を形作ることを目的としています。CATの使命は、アートを通じてあらゆる背景を持つ子どもたちが繋がり、彼らの創造性と自己表現力を高めることです。子どもたちの純粋で真髄をついた声は、世界中の公共スペースやコミュニティで取り入れられるべきだと考えています。

今回のCATのアートイベントでは、スペシャル・ゲスト・アーティストとして梅津庸一さんをお招きしました。2022年8月は子どもたちと六古窯の一つである信楽で開催された梅津さんの展覧会とスタジオを訪れ、陶芸作品を制作しました。9月は大阪で大型ドローイングの共同制作。10月は艸居アネックス(京都)にて個々によるドローイングを制作し、作品についての文章作成、招待状のデザイン、ビデオ制作、展覧会の展示構成についてアイディアを出し合いました。

そして今回の集大成ともなる、CAT第一回目の展覧会「子ども主導による子どものための展覧会」を、2023年1月15日(日)から2月23日(木)まで艸居アネックスにて開催致します。本展では、CATのアートプロジェクトを通して、子どもたちが制作したアート作品を展示し、子どもたち自らが楽しめる子どもたちのための展覧会を作り上げます。

CAT企画者:
ジェニファー・ヘンベスト・カルビージョ
関西学院大阪インターナショナルスクール/藤田篤実、艸居

京都市東山区元町381-2 Tel: 075-746-4456 開廊時間:10:00AM- 6:00PM 休廊日: 日・月曜日

美術館情報

京都市京セラ美術館
新館 東山キューブ

アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO
2022.9.17 (土)– 2023.2.12(日)


京都市京セラ美術館
ザ・トライアングル

藤田紗衣:
仮想ボディに風 2022.10.8(土) - 2023.1.29(日)

《DDD (warp)》
2022年
©Fujita Sae


京都国立近代美術館

開館60周年記念
甲斐荘楠音の全貌
—絵画、演劇、映画
を越境する個性
2023.2.11(土・祝) - 4.9(日)


美術館「えき」KYOTO

15周年
京都 日本画新展 2023
2023.2.3(金)- 2.12(日)


小谷 光 ≪meets≫


美術館「えき」KYOTO

ミュシャ展
マルチ・アーティスト
の先駆者
2023.2.17(金)– 3.26(日)


ポスター「椿姫」
1896年/リトグラフ